遺品整理をする時に知っておきたい豆知識~葬式のホントのトコロ~

男性

メリットを知ろう

棺

葬儀は、人が亡くなったあとに行われる儀式のことで、おもに通夜、告別式、そして最近では告別式のあとに行われることの多い初七日までをいうことがある。一般葬だけでなく直葬や火葬それぞれで違ったメリットがある。

Read More...

葬儀を行なう場所

数珠

斎場は亡くなった者の葬儀を行う場所であり、そのための施設を示す言葉である。斎場を選ぶ時には、葬儀後の付き合いについても考えて選ぶことが大切だ。知人や友人に紹介してもらうと良いだろう。

Read More...

国内の葬式

線香

葬儀とは

葬儀は故人やそれを行う人の死生観、宗教観によって大きく異なる。現在日本では多数を占める仏教系の葬儀では、前日夜に通夜が行われ、翌日僧侶による読経や参列者による焼香、献花などが行われたのちに出棺、火葬されお墓へ行くのが一般的な流れである。最近では社会の変化や家族関係の希薄化、または宗教観の変化、そして長引く不況などが原因となり、葬送関連の行事やお墓に関することに詳しくない人が増えてきている。

直葬の概要

直葬とは、一般的に人が亡くなれば通夜や葬式、告別式などの葬儀が行われたのち遺体の火葬を行うが、通夜や葬式、告別式などの儀式を行うことなく、亡くなったら直接火葬を行うことである。直葬を選ぶ人の場合、大半は経済的金銭的な事情が多く見られる。葬式などを行うとかなりの費用が掛かるため大幅に費用の削減が出来る。その他でも宗教観・宗教上の理由や人間関係などの理由で葬式などを行わない人もおり、近年は増加傾向となっている。

葬儀の注意点

葬儀とは亡くなった人を親族や関係者で追悼することである。基本的に亡くなった日、又は翌日に通夜を行い、更にその翌日に告別式を行い、火葬して拾骨後、仏壇に骨を納める。葬儀を行う際に注意しなければならないことは、来客に対して失礼のないようにしなければならないということである。そして、2つ目に死者が生前に自分の死後について、遺言書などに希望を記してある場合は、その意志を尊重することが、死者に対しての礼儀である。
また死者が残していった遺品はきちんと取り扱わなければならない。遺品整理は遺品整理業者に依頼することで解消できる。遺品整理業者は、都内はもちろん、大阪や名古屋、神戸など、多くの地域で利用することがきる。大阪を始め、神戸や名古屋でも多くの人が亡くなっているものである。都内は人口が多い分、遺品整理業者の数も多いのである。スムーズに遺品整理を行ないたいものだ。

葬儀のスタイル

空

葬儀は年々と新しいスタイルを確立しており、中でも家族葬は人気を集めています。また、千葉の業者に事前相談をしておけば、自分だけの葬式をすることが可能なので自分自身の最期を決められます。

Read More...